ブログ

ホームブログ

自宅塗装(準備)

今日は、自宅の塗装する前の準備の風景をご紹介します。
今回使用した材料や道具↓


塗装する前の自宅はこんな感じです。

外壁↓

屋根↓

まずは、足場の組み立てから始めます。

足場をかけ終わった後はこんな感じになりました。

足場が組み立て終わったら、次は高圧洗浄になります。
いきなり家を塗装しても効果があまり期待できません。
塗装をする前に、高圧洗浄で家の汚れを綺麗にします。
屋根高圧洗浄中↓

外壁高圧洗浄中↓

洗浄が終わったらコーキング作業に移ります。

今回は塗装する前の準備をご紹介しました。
次回は下塗りからご紹介いたします。

柏市を中心とした外壁塗装・屋根塗装は株式会社砂田塗装が承ります。
御相談や御見積りはお気軽にお声がけください。
⇒無料のお問い合わせはこちらから!

居酒屋 外壁塗装

こんにちは、株式会社砂田塗装です。

前回に引き続き、居酒屋さんでの施工の様子をお伝えします。
今回は外壁塗装です。

外装は木部・窓上天井と破風部分・シャッタ-・照明器具の枠を塗装をしました。
お写真だと少しわかりにくいかもしれませんが、面格子に使用している木部の色が剝がれ、全体的にムラが目立つ状態になっていました。

 

 

天井・破風部分は白色の漆喰が塗られているのですが、黄ばんで汚くなっていました。

あとこちらもお写真ではわかりづらいのですが、亀裂が無数にある状態でした。
そのままでは仕上がりに影響してしまうので、下地処理を行い、綺麗な状態に整えました。

オーナー様のご希望を伺い、元の白色からつや消しの黒に色を変更して仕上げました。

壁の色と相まって、全く違う雰囲気になりましたね!

オーナー様に伺ったところ「京都のイメ-ジ」にしたかったとのこと。
なるほど、納得です。
全体的に艶消しで統一し、綺麗に仕上がりました。

 ⇒ 

 ⇒ 
 ⇒ 

使用材料
木部 面格子
ロックペイント(ユメロック)黒/艶消し

窓上の天井・破風 漆喰部
日本ペイント(2液浸透性シ-ラ-)
日本ペイント(ケンエ-スG-Ⅱ)黒/艶消し

シャッタ-
照明器具の枠
日本ペイント(1液ハイポンファインデクロ)
ロックペイント(ユメロック)黒/艶消し

柏市を中心とした外壁塗装・屋根塗装は株式会社砂田塗装が承ります。
御相談や御見積りはお気軽にお声がけください。
⇒無料のお問い合わせはこちらから!

居酒屋 厨房塗装

こんにちは!株式会社砂田塗装です。

前回に引き続き、居酒屋さんでの施工の様子をお伝えします。
今回は厨房の塗装です。

 

施工前の厨房は、かなり油汚れが目立つ状態でした。
油はお掃除専門の業者様に2~3日かけて落としてもらいました。

大きな釜は、亀裂、欠け、穴などがありましたため、「カケンフィラー」というセメント系フィラーを用いて下地補修を行いました。
フィラーとは充填剤のことで、細かな隙間を埋める時などに使用する材料です。

下地が整った後は、浸透性ソーラー2液剤で1回塗り、仕上げに「ユメロック」の黒(艶消し)を2回塗りました。

丁寧な処理により綺麗に仕上がった状態が、こちらです!

 

周りの雰囲気も変わっているため、施工前後では全く印象が違いますね。

 ⇒ 

釜そのものも、古びた印象がなくなり綺麗になっているのがお分かりいただけるかと思います。
床もつやつやに生まれ変わっており、ご満足いただけていたら嬉しいです。

次回も引き続きこちらでの施工の様子をお伝えしますので、ぜひご覧くださいね!

柏市を中心とした外壁塗装・屋根塗装は株式会社砂田塗装が承ります。
御相談や御見積りはお気軽にお声がけください。
⇒無料のお問い合わせはこちらから!

居酒屋 客室廊下塗装

こんにちは!株式会社砂田塗装です。

今回は、居酒屋さんでの施工の様子をお伝えします。
第一回目の本日は、客室の廊下塗装の風景をお届けいたします。

ご依頼いただいた居酒屋さんの内装はこちら。

 

なんともお洒落な雰囲気ですね!
さらに心地良い空間にするために、砂田塗装がお手伝いできればと思います。

 

 

広い店舗様でしたので、施工場所も沢山です。

2階の廊下は特に色が剥がれたり、削れたりという状態が見られました。
傷もやや目立ちます。

こちらを塗装していきましょう。

まずは1液の「ファインウレタン」という塗料を使い、色が剥がれてしまった部分をオイルステインの要領で塗装していきます。
ステインとは「着色」という意味で、表面を塗るというよりは木材に色を染み込ませていく技法です。
木目を活かした透明感のある仕上がりになり、上品な艶が出るのが特徴です。

ウエス(布)を使って、擦り込むように色を入れていきます。

その後は全体にワックスを塗り、仕上がった様子がこちら!

色が落ちてしまっていた部分にもしっかりと塗料が入り、綺麗な状態になりました。

そして…お気づきかもしれませんが、壁の色も変わっています。

 

白を基調としていた壁は…

暖かさを感じられる橙色に塗り替えました。
雰囲気がガラッと変わりますね!

2階の入り口部分も、床材を整えるなどして大幅に変化しています。

 ⇒ 

仕上がりが楽しみになってきました。

次回も引き続きこちらでの施工の様子をお伝えしますので、ぜひご覧くださいね!

柏市を中心とした外壁塗装・屋根塗装は株式会社砂田塗装が承ります。
御相談や御見積りはお気軽にお声がけください。
⇒無料のお問い合わせはこちらから!

【柏市 外壁塗装 その他】工事完了!

こんにちは!株式会社砂田塗装です。

前回に引き続き、柏市での塗装の様子をお伝えします。
⇒前回の様子はこちらよりご覧いただけます。

数回にわたり続いておりました施工のご報告ですが、今回でいよいよ完成です!

・ ・ ・

下塗りが住んでいた外壁ですが、その後中塗り、上塗りを終え、全ての塗装が完了しました。

上塗り剤は菊水化学工業の「水系ファインコートシリコン遮熱」を使用。
その名の通り遮熱効果を有しており、赤外線を反射することによって建物表面や室内温度の上昇を抑えます。
また高耐候性により強い塗膜が長期間にわたって建物を保護してくれる、頼もしい塗料です。

そしてこちらが、全ての塗装が完了した様子です!

 

  

改めて塗装前と比べてみると、このような感じです。

 ⇒ 

屋根や外壁、付帯物まで、ほとんどの部分の色を変え、大幅なイメージチェンジとなりました!

外壁や屋根の塗り替えでは、色選びも醍醐味の一つです。
施工前のお色も落ち着いたお洒落な印象でしたが、お客様のご要望をお伺いし、白と黒のコントラストが美しい爽やかでモダンな印象に生まれ変わりました。

また今回は下塗りに「マスチック工法」を取り入れたことで奥行きのある仕上げになっているため、近くで見ても意匠性のある仕上がりになっています。
⇒下塗りの様子はこちらよりご覧いただけます。

職人が腕によりをかけ、心を込めて塗装いたしました。
細部までこだわりの詰まった塗り替え、ご満足いただけましたでしょうか。

この度は砂田塗装にご依頼いただき誠にありがとうございました。
また次回の塗り替えの際も、当社にお任せいただければ幸いです!

柏市を中心とした外壁塗装・屋根塗装は株式会社砂田塗装が承ります。
御相談や御見積りはお気軽にお声がけください。
⇒無料のお問い合わせはこちらから!

【柏市 外壁塗装 その他】美は細部に宿る

こんにちは!株式会社砂田塗装です。

前回に引き続き、柏市での塗装の様子をお伝えします。
⇒前回の様子はこちらよりご覧いただけます。

いよいよ完成!…の前に、今回はサービス工事で塗装させていただいた細かな部分をご紹介させていただこうと思います。

塗装したのは、エアコンカバー、ガスのパイプ、ポスト及びポール、そして水切り。
どれも一見目立たなそうなものですが、新築のように塗り替えられた外壁の中に古びたままの部分があると、かえって目に付きやすく気になってしまうものです。
これらも綺麗に塗り替え、お家の印象をさらに良くしたいと思います。

まずはエアコンカバー。
ここだけぽっかりと塗り替えがない状態だと、結構目立ってしまいますよね。

 

重ね塗りで丁寧に塗装し、白い外壁に馴染む自然な色に仕上げました。

同じくガスパイプも塗装します。

ちょっとした部分ですが、塗装があるとないとではかなり違います。

 

お洒落なポストも、せっかくですから綺麗にしていきますよ!

 

お色はそのままに、新品の頃のような美しい状態が蘇りました。

最後は水切りです。
水切りとは、基礎の上に設置されている金属の仕切り板のこと。
水切りがないと住宅の基礎の部分に雨が入り込みやすくなるため、建物内部の浸水を防ぐ大切なパーツです。

非常に細かな部分ですが、こういったパーツの仕上げが全体の印象に繋がります。

サービスとは言え手は抜かず、どれも綺麗に仕上げさせていただきました。
お客様にご満足いただければ嬉しい限りです。

それでは、今回はここまで。
次回はいよいよ完成の様子をお届け出来ると思いますので、是非ご覧くださいね!

柏市を中心とした外壁塗装・屋根塗装は株式会社砂田塗装が承ります。
御相談や御見積りはお気軽にお声がけください。
⇒無料のお問い合わせはこちらから!

【柏市 外壁塗装 その他】鉄部の仕上げ

新年あけましておめでとうございます!
株式会社砂田塗装です。
皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2021年最初の記事は、前回に引き続き柏市での塗装の様子をお伝えします。
⇒前回の様子はこちら

まずは、前回の記事で錆止めを施した部分の仕上げをしていきます。
※ビフォア※(錆止めを塗装した状態です。)

※アフター※
 

 

錆止めの真っ赤な色に驚かれたかもしれませんが、仕上げの塗装で錆止めの色は見えなくなります。
ご安心くださいね。

 

雨戸や戸袋はスプレーガンによる吹き付け塗装で仕上げました。
戸袋とは、雨戸を開けた時に戸を収納しておくスペースのことです。

 

形状の関係もあり、平らな面に比べると手間のかかる塗装でもあります。
塗り残しがないように職人が丁寧に塗っていきます。

 

新品の頃の輝きが蘇りました!
これで雨戸と戸袋の塗装は完了です。

それでは、今回はここまで!
次回もまた施工の様子をお届けしますので、是非ご覧くださいね。

柏市を中心とした外壁塗装・屋根塗装は株式会社砂田塗装が承ります。
御相談や御見積りはお気軽にお声がけください。
⇒無料のお問い合わせはこちらから!

【柏市 外壁塗装 その他】錆止め

こんにちは!株式会社砂田塗装です。

前回に引き続き、柏市のI様邸の施工の様子をお伝えします。
今回は、破風、軒天井、各ビスなどの金属部分に錆止めを施していきます。

 

破風板や軒天井にはトタンが使用されていたので、
錆止め効果のある「1液ハイポンファインデクロ」(日本ペイント)という塗料を使用しました。
錆止め剤によく使用されている鉛が含まれていないため人体や環境に優しく、耐久性が高いのに速乾性に優れているという効果も作業性もバツグンの塗料です。

赤い部分が錆止め塗料を塗ったところです。
下地なので、最終的にはこの色は見えなくなります。

こちらは破風(はふ)です。
屋根の妻側の端の部分で、そこに取り付けられている板のことを破風板と言います。
「風を破る」という名前の通り、雨や風、また火災などから建物を守る役目があります。

 

こちらが軒天井です。
張り出した屋根の裏側で、下から見上げた時に目に入る部分です。

トタン以外にも、見落としてしまいそうな細かい金属部分にもしっかりと錆止めを塗っていきます。
些細なことに見えて、このひと手間がとても大切です。

せっかく綺麗に塗装をしても、塗装の下でサビが発生してしまうと耐久年数を待たずに剥がれてしまうことがあります。
そのような劣化を招かないためにも、金属面の錆止め下地は非常に重要なのです。
ご自宅の建材にトタンなどの金属材を使用されている場合は、塗装の際に錆止めが含まれているかどうかを確認されるのも良いかと思います。

錆止めを塗り終わったところで、本日はここまで!
次回もまた施工の様子をお伝えしますので、是非ご覧くださいね。

柏市を中心とした外壁塗装・屋根塗装は株式会社砂田塗装が承ります。
御相談や御見積りはお気軽にお声がけください。
⇒無料のお問い合わせはこちらから!

【柏市 外壁塗装 その他】I様邸、屋根修理

こんにちは!株式会社砂田塗装です。

前回に引き続き、柏市のI様邸の施工の様子をお伝えします。
今回はベランダ屋根の修理です。

こちらが修理前のベランダ屋根の様子。
昨年の台風の際に強風にあおられ破損してしまいました。

台風で被害を受けた屋根。
実は、「火災保険」適用で修理することが出来るんです。

「火災」と名前がついていることから
火事のときにしか使えないイメージをお持ちの方が多いのですが、
台風や大雪などの自然災害でも保険適用となることがあります。

何かあった時のための保険ですので、
使えるものはしっかりと使って、家を綺麗な状態に保っておきたいですね!
なので、災害による破損の際は是非お手元の書類を確認してみてください。

そして、保険扱いで交換した新しいベランダ屋根がこちらです。

厚さ2.5ミリ、色はブルースモークのポリカパネルに交換しました。
これで雨の日も安心です。
そして、色を変えるだけでもまた印象が違いますね!

このようにベランダ屋根の修理も承っております。
お好みに合わせてお色を選ぶことも可能ですので、お気軽にご相談ください。

それでは、本日はここまで!
次回もまた施工の様子をお伝えしますので、是非ご覧くださいね。

柏市を中心とした外壁塗装・屋根塗装は株式会社砂田塗装が承ります。
御相談や御見積りはお気軽にお声がけください。
⇒無料のお問い合わせはこちらから!

【柏市 外壁塗装 その他】I様邸、下塗り

こんにちは!株式会社砂田塗装です。

前回に引き続き、柏市のI様邸の施工の様子をお伝えします。
本日はいよいよ塗装の第一段階「下塗り」です。

外壁塗装は1度の塗装で仕上げるわけではありません。
下塗り、中塗り、上塗りと計3回に分け、強固で美しい塗膜を作っていきます。

「下塗り」は、塗装の中でも下地作りの意味合いが強い塗装です。
中塗りと上塗りは仕上げ用の塗料を使用していきますが
下塗りは下地用の塗料を使用して塗装していきます。

今回、I様邸の外壁は「マスチック工法」を用いて下塗りをいたしました。

マスチック工法とは、専用のローラーを使用して手塗りで行う施工方法です。
凹凸を付けて壁に印象的な模様を浮かび上がらせることができ、
また厚めの塗膜を作ることで、より耐久性に優れた外壁に仕上がります。

スプレーを使用する吹き付け工法と異なり、塗料の飛散も防げるため
近隣のご住宅に迷惑をおかけする心配も少なく、
塗料のロスも減らせることも大きなメリットです。

 

細かい部分も出来る限りキワまで塗っていきますよ!
部分的に厚塗りになってしまわないよう注意が必要なこともあり
難しい部分です。

 

職人が手作業で丁寧に塗装していきます。
まだ下地の段階ですが、綺麗な塗面です。

全ての下塗りが終了したら、次の工程に移る前に時間を置いて良く乾かします。

本日はここまでです!
続きの様子もまたこちらでご紹介しますので、是非ご覧くださいね。

柏市を中心とした外壁塗装・屋根塗装は株式会社砂田塗装が承ります。
御相談や御見積りはお気軽にお声がけください。
⇒無料のお問い合わせはこちらから!

PAGE TOP